本文へスキップ
セミナー情報

web申込 TEL 03-6712-7590

 KIPPについて


KIPP心理オフィス

KIPP心理オフィスは、有限会社ケーアイピーピーが運営する、心理カウンセリングオフィスです。
KIPPとは、Kyoto Institute Psychoanalysis & Psychotherapyの略で、KIPP心理オフィスでは、対人関係論に基づいた精神分析的なカウンセリングを提供しています。また、専門家を対象に精神分析的心理療法の訓練を提供しています。
2002年の会社設立とともに、KIPP桃山心理オフィス(京都府)を開設し、2006年にKIPP天満橋心理オフィス(大阪府)、2017年にKIPP渋谷心理オフィス(東京都)を開設しました。

KIPP桃山・天満橋心理オフィスに関することはこちらをご覧ください。
https://www.kipp-u.co.jp/

カウンセラー

KIPP渋谷心理オフィスでカウンセリングを担当するカウンセラーは、臨床心理士の資格を持ち、対人関係論に基づく専門的な心理療法の訓練を受けています。

対人関係精神分析

対人関係精神分析は、H.S.サリヴァン、E.フロム、C.トンプソンといった米国の精神科医、心理学者によって基礎づけられ、ニューヨークのウィリアム・アランソン・ホワイト研究所を中心に、精神分析の一学派として現代に引き継がれています。
人生で直面する心理的困難は、過去から現在にかけての人間関係と切り離して考えることはできないというのが、基本的な考え方です。KIPPの臨床顧問は、ホワイト研究所で精神分析の訓練を受けた者によって構成されています。

精神分析的心理療法

精神分析は、ウィーンの医師S.フロイトによって創始された心理療法の一つです。
人間には、自覚していない様々な欲求、願望、空想、感情、思考、価値観があり、それらの対立、葛藤によって、心理的な不適応が生じるという考え方に基づいています。精神分析的心理療法は、カウンセラーと自由に話し合う中で、徐々にそうした葛藤を自覚し、克服していこうとするものです。